クラス分けのため保留となっていた選手について、ベルリンにおいてクラス分けを受検した結果次のようになりましたので、お知らせします

男子

久保大樹選手がS9/SB9/SM9 ⇒ S10 /SB9/SM10

長野凌生選手がS13/SB13/SM13⇒ NE

NEとはパラ水泳対象障がいの基準に達しないという意味です)

と確定し、選考基準に達しないため推薦候補から外れました。

このため、補欠としていた

中島啓智選手(S14/SB14/SM14)、宮崎哲選手((S14/SB14/SM14)が推薦選手と決定いたしました。

南井 瑛翔選手は、クラスに変更がなく、推薦選手に決定しています。

女子

宇津木美都選手は、クラスに変更なく、推薦選手に決定しています。補欠の繰り上げはありません。

また、補欠選手は「東京 2020 パラリンピック競技大会」水泳競技日本代表推薦選手選考方針と基準についてでお知らせしているように、2名づつ選考していますが、有効期間は8 月 2 日 12:00 までとします。この日までに、代表選手の辞退等があった場合は代表選手に繰り上げて選考しますが、辞退等がない場合はこの日をもって補欠選手は落選となります。

ベルリンクラス分け決定後ー東京パラ推薦選手決定についてHP資料